PROFILE

ドミニク・シャニョンは7歳から11歳まで、ピアノを習い14歳から 17歳までギター、17歳からはベースを始める。高校卒業後、C.I.Mパリ音楽院で作曲、アレンジを学びながらヨーロッパ各地でシンガー、ベーシストと して活躍。99年来日。01年よりNHKのフランス語会話に出演。「ドミニクと歌おう」のコーナーで歌う。その他スケッチでも演技をする。02年度には、 オリジナルソングが同番組のエンディングテーマとして採用された。また、03年にはファーストアルバム、「セ・ラ・ヴィ」、04年にはマキシシングル「ポ ラリス」をリリース。ステージでは、クロード・チアリ、パトリック・ヌジェ、ローリー、辺見マリ、岩崎良美、長谷川きよし等数々のアーチストと共演。

08年に久保田邦夫(ギター)をゲストに迎え、NHKフランス語会話出演中のジェシー(ヴォーカル)のユニソン (Unisson)というアコースティック・ユニットに挑戦します。

去年からあの“ミシュラン”が作った旅行ガイドで日本を旅するとこうなりました(”ミシュランで旅する!再発見JAPON!”)。

Dominique came to Japan in 1999 and soon became a regular on the NHK “Furansugo kaiwa”  french educational TV program for 4 years, with his own music corner. He also got a part in the japanese drama “またも辞めたか亭主殿”.

He released his debut album in 2003 ” C’est la vie” (JVC), and a maxi single “Polaris” (AJA) in 2004.
He soon started to work with famous japanese artists as a special guest and musician, and developed a wide fan base in Japan.

You must also have heard him in a lot of japanese television commercials.
He released a french chanson cover album “Sepia” in 2008 with Jessy Roussel, under the unit name of “Unisson”.
Actually, they are both traveling all around Japan for their new TV program “Michelin de tabi suru! Saihakken Japon!”.